2018年04月07日

インド・バングラデシュ旅行記Eーチャンディガールリベンジ・帰国編

インド・バングラデシュ旅行記Dーコルカタ・バラナシ編」からの続きです。

2018年3月8日

初日と同じ電車でチャンディガールへ。
電車を待っているときに人がぶつかり、カメラのレンズキャップが外れ、線路に落ち、直後に電車が来る。
7時半発11時チャンディガール到着。

タイトなスケジュールのため、リキシャーではなくタクシーをチャーターすることに。
5人乗れる大きい車を探したが見つからず、まわりと喧嘩しながら寄ってきた人の車に乗るもボロい。
あと少しでキャピタル・コンプレックスというところでガス欠になり、ガソリンスタンドに寄るが、今度はエンストを起こし、そこからはリクシャーに乗ることに。

満を持して受付に行くも、先に入っていた人たちの様子がおかしい。
なんと今日は議会をやっているから、外観しか見れないと。しかも外観半分だけ。
え〜〜っ、この前行ったとき、今日は見れるって確認したじゃん。と言うも人が違う。日本から来て今日帰るとか、3回目だとか、会議場外の共用部だけでいいから中に入れてほしいとかいろいろ言ったが、ダメなものはダメ。

さっきのタクシー運転手が追いついて来て、「車はもう大丈夫だ、待っている」と言うので、バッテリーを替えろと強く言い残し、結局、二度目の外観ツアーに。

開かれた手の向きが前回来た時と角度が違うので、きちんと動くことが確かめられた。
手の下に広場があることは知らなかったが、中に入るとちゃんと音が響く。

P3080789 のコピー.jpg

P3080780 のコピー.jpg

IMG_6525 のコピー.jpg

見終わって、受付建物でスタッフへのお土産を買うもたぶんタクシーの中でなくす。
チャンディガール空港へ。

15時チャンディガール発の予定だが1時間ぐらい遅れ、17時デリー着

国内線ターミナルから国際線ターミナルまではタクシーで移動。
値段交渉でグダグダされるも急いでいるので乗ることに。降りるときにまたグダグダ言われたが、ポケットの細かいお札を渡し、もうないと伝えて空港へ。

チャンディガール行かなかった組と再開するもみんな体調悪そう。
免税店でお土産を買う。

19時半デリー発、翌3月9日6時ソウル着。
仁川空港で4時間ほど時間をつぶし、12時半中部国際空港到着。

帰国後は数名が一週間ほど体調を崩し、病院に行く人もいたが、僕は無事。水と生野菜、歯磨き、シャワーに気をつけ、毎食時にビオフェルミン錠を飲んでいたおかげか。結果、一番つらかったのはバングラデシュ国会議事堂の見学前後でトイレに駆け込んだぐらい。

インドに行くと人生観が変わるとかよく言われ、確かに衝撃的な光景はいくつもあり、生と死、貧富の差、美しさの基準などについて考えさせられるが、40年経て培われた思考はそう簡単には変わらない。もっと若いときに行くべきだったかもしれないし、あるいは変わりたいきっかけを求めている人が行けば変わるのだろう。

また、インドはハマる人と二度と行きたくない人に二分されるとも言われるが、ハマりはしないが嫌悪感もなく、機会があればまた行きたいという感じ。建築的にはチャンディガールはリベンジしたいし、行かなかったアーメダバードも行ってみたい。

全体的な建築の感想としては、建てられた地域や時代という背景がわかることで腑に落ちることだけではなく、それらを度外視して訴えかける強さというものが建築にはあることを改めて感じた。

また、現代建築はやはり近代建築の焼き直しや洗練化であることを感じた。
かなりこじつけだが、隈さんの粒子化はチャンディガールの美術館の有孔ブロックで見られたし、坂さんのダブルルーフは高等裁判所でされていたし、青木さんの潟博物館はジャンヌレがやっていたし、安藤さんの水際大階段はバラナシのガートがネタだろう。あらためて近代建築をきちんと勉強しなければ。

そして今回の旅で良かったのは、普段良く話す佐々木さんや中渡瀬さんとはルートを違え、あまり会わない丹羽さんや川本さんと行動をともにしたこと。丹羽さんは旅行慣れしていて現地人にも厳しく、豊富な知識で解説をしてくれた。それとは対極的に川本さんは建築を素直に体で感じ、自分の言葉で考え、英語は話せなくてもその風貌で現地人に気後れするようなことはなく、溶け込んでいた。二人から学ぶことがたくさんあった。

旅は一人でするものがモットーだが、おじさん旅行も悪くない。またすぐにでも旅に出たくなった。



他の方のブログや写真も見ると多面的に捉えられるので面白いです。
僕は小さなことを含め出来事をそのまま伝えることで雰囲気を出そうとしていますが、中渡瀬さんは背景やそのとき考えたこともきちんとまとめているし、写真の取り方もみんな全体と部分を同時に見る目を持っているなあと感じます。
CO2WORKS 中渡瀬さん
mA style 川本さん
佐々木勝敏さん
posted by moroe at 17:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。