2018年04月06日

インド・バングラデシュ旅行記Bーデリー、ダッカ到着編

インド・バングラデシュ旅行記Aーチャンディーガル後半編」からの続きです。

2018年3月4日

早朝5時、ニューデリー到着。
荷物は駅に預ける。ちなみにバッグには鍵を付けてないと預かってくれない。
駅前は早朝でも賑わっていて屋台はあるが、きちんとした店はどこも開いていない。

P3040313 のコピー.jpg

道端で会ったおじさんがヨガの先生で、日本人にも教えていると話しかけてきて、ここは危ないから観光センターに行けと言われて行くも、特にいい情報はなく、結局危ないと言われたところに行っても何も問題なし。
でも、店は開いていない。マックもあったが開いていない。

諦めて、日の出から開いている観光施設へ。まずはジャンタル・マンタル天文台跡。

IMG_6288 のコピー.jpg P3040339 のコピー.jpg

次は8時から開いているはずのアグラーセンの階段井戸へ行くも、なぜか9時からと言われる(敷地内で歯を磨いているお兄ちゃんに言われたので、入れてくれと交渉したが、またもや施設とは関係のない人だった)。

時間がもったいないので、リクシャーでフマーユーン廟へ。建築家某氏はこの旅で一番良かったのはここらしい。

P3040349 のコピー.jpg IMG_6310 のコピー.jpg

そしてまた階段井戸へ戻る。
階段井戸は他の地域に行けばもっと巨大なものがあるが、ここでも見応え充分。階段を降りると気温が下がり、音も響くので若者たちが歌をうたっていて、僕達が行くと、日本人がどうとか替え歌していた。

P3040390 のコピー.jpg P3040394 のコピー.jpg P3040408 のコピー.jpg

リクシャーで駅へ戻り、荷物を取って、地下鉄で空港へ。

電車がなかなか来ず、ギリギリで空港に着くも建築家某氏のeチケットが日本語だったため、空港入口の警備員のチェックで拒否される(向こうの空港は建物に入るときにもチェックがある)。一緒に航空会社のカウンターに行き、英語のeチケットを発行してもらう。

そんなこんなで朝から未だ飯にたどり着けず、13時半出発。
機内食でやっとありつく。

IMG_6323 のコピー.jpg

飛行機から見るとバングラデシュが湿地であることがよくわかる。

IMG_6326 のコピー.jpg

16時バングラデシュ、ダッカ到着(この便は高めで4万弱)。
空港に着くもなかなか飛行機から降ろしてもらえない。
空港ではホテルのお迎えタクシーが来ているはずだが、待ち合わせ場所を間違えて、かなり探してやっと会えた。

空港出たらものすごい渋滞。この後、ホテルまで渋滞は続き、翌日の街中もず〜っと渋滞とクラクション。インドよりひどい。良く言えば発展途上国らしい活気がある。

インドでもよく見かけたが、躯体工事まで終わって止まっているような現場がいくつもある。景気の変化があったのか、コンクリートや鉄筋は入手しやすく、サッシなどの建材は流通が少ないからなのか、よくわからない。

IMG_6331 のコピー.jpg

RCのスラブの支保工は大量の木の柱だったり。(写真は翌日のもの)

IMG_6365 のコピー.jpg

蚊が多いため、虫除けスプレーを買ってもらう。ちなみにホコリもひどい。

ホテル到着(ここもいいホテルにしたので2泊で1.6万円)。

IMG_6334 のコピー.jpg

晩飯を探しに外を歩いていると、ダンジリ・レストランといういい店を案内するというリクシャーのお兄ちゃんがしつこいため、行ってみる。悪い店ではないが、肉がぬるめ。揚げた魚はうまかった。酒はなし。

IMG_6336 のコピー.jpg

帰りも約束通り待っていたお兄ちゃんに送ってもらうが、降りた後、当初交渉した金額以上を求めてきたのでちょっとだけキレる。

インド・バングラデシュ旅行記Cーダッカ編」へ続く。
posted by moroe at 17:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。