2018年04月05日

インド・バングラデシュ旅行記Aーチャンディーガル後半編

インド・バングラデシュ旅行記@ー出国、チャンディーガル前半編」からの続きです。


2018年3月3日

朝食はホテルで。

IMG_6205 のコピー.jpg

昨日見れなかったコルの議事堂にリベンジするが、土曜なので外観ツアーだけ。
インドに来てコルの議事堂の中を見れないなんてあり得ないので、一部の人達で最終日のニューデリー観光を取り止めて、日帰りで再度チャンディガールへ行く計画を急遽立てた。
最終日にまた来ることになるが、念のため、外観ツアーにも参加。
受付パビリオンでパスポートコピーと手荷物検査をして敷地内へ。丁寧に説明してくれるが、グループから少し離れて歩くと怒られる。
高等裁判所、開かれた手、影の塔、議事堂、庁舎の順で回り、庁舎だけEVで上がり、屋上庭園に入れた。
影の塔がかっこよすぎる。

P3030176のコピー.jpg P3030178 のコピー.jpg

P3030200 のコピー.jpg IMG_6219 のコピー.jpg

P3030210のコピー のコピー.jpg P3030212 のコピー.jpg

デリーで働いているという日本人の設計者も一緒のツアーで、彼いわく、昨日夕方来たところ警備員がいなくて、外観は同じように見れたらしい。

ロックガーデンへ行き昼食。

IMG_6222 のコピー.jpg

塀にはコンセントのアダプターらしきものが埋め込まれてる。

IMG_6224 のコピー.jpg

そのあとはスクナ・レイクに行き、一応コル設計のレイク・クラブを見て、こっちで食べればよかったと後悔。
生野菜や果物は危ないと言っているのに、建築家某氏は露天のココナッツを買い、まずいと後悔。

P3030228 のコピー.jpg

昔はジャンヌレ事務所だったル・コルビュジエ・センターに寄り、模型や図面を見る。

P3030251 のコピー.jpg

ここで初めてちょっとお腹が痛くなったのでトイレへ。事前情報通りトイレに紙はないので大人用お尻拭きが役に立つ。
ちなみにマシな方のトイレは手持ちのホース型ウォシュレットがあり(結局一度も試さなかった)、そうでないところには手で洗うためのバケツと桶がある(もちろんこっちも使う勇気はない)。

昨日、中が見れなかった美術館へ。でかい軒樋と斜め梁横のハイサイド窓が特徴的。

IMG_6227 のコピー.jpg

P3030268 のコピー.jpg IMG_6236 のコピー.jpg

その隣にはチューリッヒのコルビュジエ・センターをRCでつくったような建築美術館があるのだが、コル設計ではないらしい。展示はなかなかしっかりしている。

IMG_6228 のコピー.jpg IMG_6240 のコピー.jpg

最終日の鉄道チケットを買うためにチャンディガール駅に。駅はやや遠いが、このとき乗ったリクシャーが貧弱で、自転車並みに遅かった。

駅に行くも切符売り場がわからず、改札近くに人が並んでいるところがあるが、聞くと違うところに行けと言われる。怪しい人が案内してくれて、かなり離れた別の建物に連れられ、絶対騙されたと思ったが、中に入ると正しいところだった。ここでも列の並び方がわからず、みんなが持っている紙がどこにあるかわからず、聞くと一番前に割り込んで窓口に手を突っ込んで無理やり取ると。かなり待たされて無事切符をゲット。

ホテルへ戻り、夜は寝台列車に乗るためシャワーを浴びる。

明日以降は3グループに別れるため、みんなでちょっといいレストランへ。

IMG_6261 のコピー.jpg

水タバコを吸う。

IMG_6248 のコピー.jpg

学生一人は早くもお腹を壊したようで何度もトイレへ。

またチャンディガール駅に行き、寝台列車が来るも、ホームの電光掲示板と車両に書いてある列車番号が違う。電光掲示板が正しいと考え、乗り込む。
21時出発。三段ベッドをセットし、寝始めたところに車掌が来て、車両が違うと言われる。

P3040307 のコピー.jpg

車両に買いてあるのが正しかった、というか正しい位置に止まっていなかっただけのよう。インド人に挟まれた通路を結構な距離歩き、正しい車両に行くも、座席番号にはすでに人がいる。近くに空いているところがあるので、勝手に移動した様子。空いてるところで寝ることに。

そんなことをしているうちに乗り換え時間。他の地域に行く人達は朝まで乗る列車だが、僕達は無茶なスケジュールのため、深夜1時に乗り換え。しかも次の電車は3時まで。駅は大きくはないが、待っている人が多く、寝るスペースや屋台もある。しかし、蚊がいて寝れない。

P3040310 のコピー.jpg

時間通り来て乗る。

インド・バングラデシュ旅行記Bーデリー、ダッカ編」へ続く。
posted by moroe at 19:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。