2018年02月24日

「LT城西2」建築学会東海賞受賞レクチャーの質疑

LT城西2の共同設計者である鈴木くんが建築学会東海賞を受賞しました!
東海賞は40歳未満の個人が対象で、僕は数年前に頂いているので、今回は彼だけの受賞です。

http://tokai.aij.or.jp/pasttokaiprize.html

先日、東海賞のレクチャーがあり、受賞したLT城西2についていくつか質疑がありました。
僕は受賞者ではないので回答しませんでしたが、僕なりの回答をしたいと思います。

愛工大安井先生「これまでシェアハウスには否定的だったが、実際に設計をしてみて可能性を感じるのか、今後も広がると思うか」

実際の入退去の様子を見ていると入居期間が短く、建物内あるいはLT1と2で部屋を移動するなどフットワークの良さが他の住宅施設にはない特徴です。
家具家電が備え付けられているので、転勤時の一時住まいや、実家とは別の職場に近いセカンドハウスとして使えることが理由の1つです。
しかし、それだけではなく、人生のターニングポイントにおけるチューニング装置として働くのではないかと考えています。
長期間半永住的に住むというのはイメージしづらく、就職や転職、結婚前、離婚後(の方もいるそうです)など生活環境が変わるときに、家族住まいから単身者へ移るときの中間的なものを経たいとか、あるいは濃すぎる家族や冷めた家族を見直すために緩やかな他人同士の関係を経験したいというような意味合いもあるのではないでしょうか。
そういう面では今後も十分需要があるのではないかと思います。


名工大伊藤先生「サブホールや少人数のための居場所は実際に活用されているのか」

一緒に住んで調査しているわけではないのでわからないというのが正直なところですが、ときどき行くと置かれているものが多少変化しているので、使われていると思います。
とは言え、リビングやダイニングに比べると使用頻度は少ないでしょう。
僕はそういったスペースが、例えばブリューゲルの子供の遊戯のように同時多発的に使われるというよりも、逃げ場として用意されていることが重要なのではないかと思います。
他者を感じたくて共用部に出たけれど、意外と人が多かったり、苦手な人がいたりしたときに、部屋に戻るのも変だし、廊下に突っ立っているわけにも行かないし、みたいなこともあると思います。
心理的な効果は高いのではないかと考えています。


全く別の質問でしたが、共通して答えられるのは「逃げ場」としてのシェアハウスかなと思いました。
現場用語でも「逃げ」があることで、融通が効き、工事が円滑に進みます。
窮屈な現代社会において、慣習的な家族の形式にとらわれない人たちの受け皿としてシェアハウスが機能するのではないでしょうか。
お二人の先生、考えさせられる質問をありがとうございました。
posted by moroe at 15:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。