2018年02月07日

「住まいの環境デザインアワード」シンポジウム

住まいの環境デザインアワードの表彰式、プレゼン、シンポジウムに参加してきました。

IMG_5993.JPG IMG_5994.JPG

IMG_5996.JPG IMG_5925.JPG

私たちの「庭のあるシェアハウス(LT城西2)」を一次の書類審査で評価して頂いたのは千葉さんだったようで、二次の現地審査をして頂いた川島さんと宿谷先生にはいい意味で書類とのギャップを感じたと言って頂けました。
メモ書きをまとめたものなので間違いがあるかもしれませんが、審査員方のコメントは以下のような感じでした。

書類では周辺から浮いていると感じたが、現地を見ると街と馴染み、道に対する窓は小さくても街に開いていた(川島さん)。社会インフラとして定着しつつあるシェアハウス(千葉さん)において、決してネアカではない普通の人も住めそうで(川島さん)、これまで世代間ギャップを感じていたシェアハウスの見方が変わり、私でも住めそうで(宿谷先生)、逃げられる距離感や戸建て住宅にはないスケール感があり(川島さん)、視線が見え隠れし(宿谷先生)、場所の多様性(川島さん)がある。表面積は多いが断熱性能の良さを活かし、屋根断熱もしっかり取ってあるので、温度ムラやコールドドラフトもなく、ハイサイド窓による換気も効果的で(宿谷先生)、当たり前の環境性能をきちんと満たしている(川島さん)。住宅や集合住宅といったカテゴリを超えた空間の質がある(千葉さん)。

一応グランプリなのでいいことしか言っていただけませんでしたが、実際の審査は議論が白熱したそうです。その議論の中心は中川エリカさんの桃山ハウスだったと思われます。
桃山ハウスは、海の景色にだけ開くといった価値の押し付けではなく(川島さん)、普通の街にある雑多な魅力を取り込んでデザインするという新しいアプローチで、広い意味で環境を捉えている(千葉さん)。ピーエスの輻射暖房があるものの、単板ガラスや熱負荷の最も大きい屋根断熱が薄いことが気になる(宿谷先生)。住まい方は都心との二拠点ということを考慮すれば熱環境はそれほど問題ではなく、この賞が「住まいの」環境デザインアワードという名前であれば、住環境の評価が重要(川島さん)。というようなコメントでした。

全体のまとめとしては、近隣やエネルギーといったさまざまな次元での他者への気づき(千葉さん)や、身の回りから地球規模でのコンテクストの思考(川島さん)が重要というのも印象的でした。

賞はテーマと審査員によって結果は大きく変わります。今回の賞が「住まい」の「環境」デザインアワードだったので、私たちは周辺環境、住環境、熱環境をうまく評価して頂きましたが、評価基準が違えば優秀賞の作品群には歯が立たなかったように思います(藤井さんも中川さんもとてもプレゼンがうまかった)。たまたま運良く頂いたタイトルよりも、他の受賞者も含めたコメントの内容がとても重要で本当に勉強になりました。
posted by moroe at 19:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。